服飾雑貨試験

鞄把手の取付強さ

鞄把手の取付強さ

使用中、鞄の中の物が多く、把手が破断してしまうと思わね事故に繋がる恐れがあります。この試験は鞄把手と鞄本体の取付強さを評価するために行う試験です。

試験方法:引張試験機

把手を上挟みに挟み、鞄本体部を下挟みに挟む。100mn/minの速度で引っ張る。縫い付け部の破断、把手破断等の異常が生じた時の荷重と異常の状態を記録する。

鞄の縫目強さ

鞄の縫目強さ

使用中、力が加わった時に鞄の縫い目が開いたり、縫い代が抜けたりすることが良く発生します。この試験は鞄の縫目部分の強さを評価するために行う試験です。

試験規格:JJIS L 1093 グラブ法

靴表底のはく離強さ

鞋的外底剥离强度试验

着用中、底材が簡単にはがれてしまうと思わぬ事故につながってしまいます。そこで、ボーゲンでは靴の甲材と底材間の接着強さについて試験し、評価を行っています。

引用規格:JIS L 8101準用

先端部をはく離させ、表底及びつま先先端部をつかみ、引張速度100mm/minで互いに反対方向に引張り、先端から2cm毎の強力を記録し、平均値、最低値で算出します。