混用率試験

混用率試験の紹介

混用率は組成表示の割合を確認します。

繊維鑑別は顕微鏡下における側面の形状、染色試薬による着色、燃焼時のにおい、灰によって判断しています。

混用率試験方法は解除法、溶解法、顕微鏡法があります。それぞれの種類の組成繊維について全組成繊維に対する割合を質量百分率で表して行くことになります。

中国のGB-FZ/T01057、GB-FZ/T2910、日本のJIS-L-1030/JIS-L-1030 2によって試験を行います。

鑑別用光学顕微鏡
繊維は200倍光学顕微鏡下
における繊維側面形状

動画